除疫神の牛頭天王を祀る神社
天王祭には「天王の獅子舞」が奉納されます

神波多神社は、古くから除疫神の牛頭天王を祀り「波多の天王」として信仰を集めてきました。
本殿は五間社流造り、桧皮葺き、礎石建てで、千鳥、向唐破風(むかいからはふう)によって
外観に変化をもたせた手法を用いています。
数多くの棟札があるが元禄4年(1691年)のものが最も古く、建立は江戸時代(17世紀中頃)と考えられています。
毎年10月第4土曜日の天王祭りに神楽が奉納され、「天王の獅子舞」として親しまれています。

所在地奈良県山辺郡山添村中峰山310番地の1
アクセス自家用車で…①名阪国道山添ICより伊賀市方面へ約3.5㎞
      ②名阪国道五月橋ICより山添IC方面へ約1㎞
交通機関で…①JR・近鉄天理駅から国道山添行きバス国道山添バス停下車徒歩約3.5㎞
      ③上野市駅から国道山添行きバス波多野神社前バス停下車すぐ
問い合わせ山添村観光協会 (TEL:0743-85-0081)
関連行事天王祭り(10月第4土曜日)
マップ
FacebookTwitter